便利に使える銀行と気をつけたい事柄

便利に使える秋田銀行

秋田銀行の預金
秋田銀行のローン
秋田銀行のクレジットカード
秋田銀行の支店
秋田銀行のATM
秋田銀行と就職

不正送金被害にあわない方法

増える不正送金被害
不正送金の手口
自分でできる不正送金対策
パスワード設定のコツ
不正送金対策ソフトやサービス
不正送金の被害補償

生活に役立つ佐賀共栄銀行

佐賀共栄銀行の簡単な積立預金
佐賀共栄銀行の頼れる定期預金
佐賀共栄銀行の使える教育ローン
佐賀共栄銀行の充実のカードローン
佐賀共栄銀行の一体型カード
佐賀共栄銀行の堅い店舗とATM


不正送金被害にあわない方法


不正送金対策ソフトやサービス

パソコンのウイルス対策ソフトとは別に、最近はフィッシングおよび不正送金対策専用のソフトがあり、それを取り入れると対策効果が高いです。ウイルス対策ソフトと違うところは、偽サイトの判別機能があることや、金融機関のホームページに対して積極的なウイルス対策をおこなえることです。しかしインストール画面が偽物だったりすると元も子もないので、無難に金融機関のホームページなどからインストールしましょう。

さらに総合的なセキュリティを望む場合、セコムのようなセキュリティ会社でも不正送金やウイルス感染の対策をおこなうことができます。通常のウイルス対策と異なるのは、24時間監視体制であることや、それによって不正アクセスや不正送金があった場合に迅速な追跡や調査ができるという点です。実際に不正送金があった場合リアルタイムで対応するのは難しく、気が付いたら口座のお金が減っていた、不審な送金があったという展開がほとんどです。

金融機関自体がセキュリティ体制を整えていることも多いです。昨今の不正アクセス被害の拡大で、たとえメガバンクであっても安心できない状況になっているため、顧客を獲得するためにセキュリティに力を入れる金融機関が増えているのです。そのため無償でセキュリティソフトを提供したり、金融機関自身がセキュリティ会社と提携して自発的に解析や監視をおこなうケースが増えています。これからは金融機関を利用する際はセキュリティにどの程度力を入れているかを重視するといいでしょう。

こういった対策ソフトやサービスは個人が利用するのはもちろん、法人の利用にも最適です。とくに法人は不正送金被害にあう件数自体は少ないものの、1件ごとの被害額が大きいため狙われやすくもあります。そのため個人口座以上に厳重なセキュリティが必要で、とくに個人事業主などはセキュリティに穴が生じがちなので注意が必要です。

© 2017 便利に使える銀行と気をつけたい事柄 All rights reserved.