便利に使える銀行と気をつけたい事柄

便利に使える秋田銀行

秋田銀行の預金
秋田銀行のローン
秋田銀行のクレジットカード
秋田銀行の支店
秋田銀行のATM
秋田銀行と就職

不正送金被害にあわない方法

増える不正送金被害
不正送金の手口
自分でできる不正送金対策
パスワード設定のコツ
不正送金対策ソフトやサービス
不正送金の被害補償

生活に役立つ佐賀共栄銀行

佐賀共栄銀行の簡単な積立預金
佐賀共栄銀行の頼れる定期預金
佐賀共栄銀行の使える教育ローン
佐賀共栄銀行の充実のカードローン
佐賀共栄銀行の一体型カード
佐賀共栄銀行の堅い店舗とATM


不正送金被害にあわない方法


不正送金の手口

インターネットを使った犯罪は手口が複雑で分かりにくいため、事前にいくつかパターンを知っておく必要があります。従来から不正送金の手口で多いのはパソコンそのものをウイルスに感染させてインターネットバンキングやネットバンクのパスワードを盗むというものでした。これはパソコンのウイルスに関する知識がないと防ぐのが難しいですが、金融機関のほうでウイルス対策ソフトを配布したり、パソコンが自動インストールしたりといった取り組みにより、最近は減りつつあります。

そこで台頭してきたのがインターネットバンキングやネットバンクのログイン画面の偽物にアクセスさせて、パスワードなど不正送金に必要な情報を得るフィッシングという方法です。一見シンプルな作戦ですが被害額がどんどん増えており、各金融機関では偽画面の見分け方をレクチャーして対策を呼び掛けています。しかしフィッシングは金融機関からのメールを装い、しかも不安を煽るような文面で動揺させたりして巧みに偽ホームページに誘導してきます。

もっともフィッシングはメールアドレスが正規のものと違うことでバレるケースも多く、本物のホームページをブックマークしておけば引っかかることも予防できます。しかし最近は正規のホームページを使っていながらにして不正送金被害にあうという、さらにレベルアップしたケースも発生しています。これは本物の金融機関のホームページを利用しているうちに偽画面が表示され、気付かずにパスワードなどを入力してしまうというものです。

こうなると、もうとにかくパソコンをウイルスに感染させないことが不正送金を防ぐ絶対条件となりますが、以前と違って怪しいサイトにアクセスしなくてもウイルスに感染するようになってしまい、それも難しい状況です。パソコンやスマートフォンには必ずウイルスバスターやスパイウェアを入れるようにしましょう。とはいえ複数のソフトを入れると互いの効果を相殺してしまうこともあるので、注意が必要です。

© 2017 便利に使える銀行と気をつけたい事柄 All rights reserved.