便利に使える銀行と気をつけたい事柄

便利に使える秋田銀行

秋田銀行の預金
秋田銀行のローン
秋田銀行のクレジットカード
秋田銀行の支店
秋田銀行のATM
秋田銀行と就職

不正送金被害にあわない方法

増える不正送金被害
不正送金の手口
自分でできる不正送金対策
パスワード設定のコツ
不正送金対策ソフトやサービス
不正送金の被害補償

生活に役立つ佐賀共栄銀行

佐賀共栄銀行の簡単な積立預金
佐賀共栄銀行の頼れる定期預金
佐賀共栄銀行の使える教育ローン
佐賀共栄銀行の充実のカードローン
佐賀共栄銀行の一体型カード
佐賀共栄銀行の堅い店舗とATM


不正送金被害にあわない方法


自分でできる不正送金対策

不正送金対策は金融機関のサイトでおこなうものと、パソコンそのものに施すものの2つに分けることができます。パソコンそのものに施す対策というのは前述のウイルス対策ソフトやスパイウェアの導入、さらに定期的なアップデートで常にパソコンを最新の状態に保つことなどが挙げられます。これによりウイルスによる不正送金被害を防ぐことができ、OSやソフトウェアを最新の状態にすることで新手のウイルスなどにも対応できます。

ウイルス対策ソフトやスパイウェア対策ソフトは色々と種類があり、無料のものから有料のものまで様々です。有料のものだとカバーできる範囲が広くアフターケアも万全です。自分で選べない場合にはパソコンを買ったお店などで相談してみましょう。金融機関のほうで推奨しているソフトがある場合もあります。パソコンを最新の状態にするには、アップデートなどを自動インストールするのがカンタンです。あまり古いOSなどもできるだけ使わず、今でいえばWindows7以上がオススメです。

金融機関のサイトでおこなう対策には、偽ホームページへのアクセスを警戒する、第三者に想定されにくいパスワードを設定し、かつ定期的に変える、残高などのこまめなチェックなどがあります。とくにパスワードの設定を工夫するというのはパソコンやインターネットを利用するうえで非常に重要なことです。各金融機関によって設定できるパスワードには違いがありますが、できるだけ複雑なものにしましょう。また金融機関のホームページでは定期的にパスワードを変えるようメッセージが出るので目安になります。

また金融機関の設定を変えて、1回ごとの振込限度額を低く設定するという手もあります。これならもし不正アクセスされてもたいした額を引き出せないため、被害額を抑えることができます。もっとも振込における自分の利便性が落ちるという点が不便ではありますが。複数の銀行に口座を作り、貯金を振り分けるという方法もあります。これは不正送金以外に金融機関の経営破たんなどの際の保護策にもなります。

© 2017 便利に使える銀行と気をつけたい事柄 All rights reserved.