便利に使える銀行と気をつけたい事柄

便利に使える秋田銀行

秋田銀行の預金
秋田銀行のローン
秋田銀行のクレジットカード
秋田銀行の支店
秋田銀行のATM
秋田銀行と就職

不正送金被害にあわない方法

増える不正送金被害
不正送金の手口
自分でできる不正送金対策
パスワード設定のコツ
不正送金対策ソフトやサービス
不正送金の被害補償


不正送金被害にあわない方法


パスワード設定のコツ

インターネットバンキングだけでなく、あらゆるサイトの登録に必要なパスワードですが、安易に設定すると危険です。とくに多いのが同じパスワードの使いまわし、誕生日や電話番号などをもじったパスワード設定、ぞろめや連続した数字などの単純なパスワードです。破られやすいパスワードは多くがこれらの安易に作られたパスワードで、様々なサイトで個人情報が流出しています。

金融機関ではパスワードによるセキュリティをさらに強化するために、使い捨てのワンタイムパスワードを設けていますが、それでも不正送金を防ぐためには工夫したパスワード設定が必須です。なぜなら金融機関ではログイン用パスワードのほかに振込用の取引パスワードやモバイル用パスワードなどがあるからです。さらにログインする際のユーザーネームなどもあり、安易な設定は不正ログインの元となります。

パスワードを安易に使いまわしたり、破られやすいものにしてしまう1番の原因は忘れやすいからだと言われています。実際にパスワードを忘れてしまって再設定、という事態は珍しくなく、金融機関の場合はお金を扱うためログインパスワードの再設定には面倒な手続きが必要となります。そこで便利なのがパスワード管理ソフト。パソコンのブラウザの拡張機能や、市販のソフトでパスワードを管理する役割のものがあるのです。これらを使えばどんなに複雑なパスワードも管理でき、入力もワンタッチでおこなえます。

さらにパスワードチェッカーでパスワードの破られやすさをチェックしたり、複雑なパスワードを作成してくれるウェブアプリでパスワードを作ったりといった工夫もオススメです。自力でパスワードを設定する場合は数字と英文字などをランダムに組み合わせたものにしましょう。数字だけにしたり、ごろ合わせにする人が多いですが、それだと効果が薄いということが分かっています。

© 2015 便利に使える銀行と気をつけたい事柄 All rights reserved.